ヒメキシメジCallistosporium luteoolivaceum) 石川県小松市で2012.10.16撮影


千葉科学大学 危機管理学部 環境危機管理学科

糟谷研究室

  当研究室では,菌類,特に担子菌類(きのこの仲間)の系統分類・生物地理や生態について研究しています!



コガネニカワタケ(Tremella mesenterica)石川県加賀市で2013.3.10撮影

 きのこの仲間は,食品や医薬品として利用されるものも多く,私たちの生活に身近な生物です。また,きのこの仲間には,落ち葉や枯れ木などを分解する種類や,ほかの生物と共生・寄生する種類などがあり,生態系の中で重要な役割を果たしています。さらに世界中には,まだまだ名前がついていない,未知のきのこがたくさんあります。日本でも,新種のきのこが毎年たくさん発見されているのです。そこで当研究室では,きのこの秘密に迫り,少しずつその謎を解明していきたいと考えています。

 現在は,世界各地からきのこの標本を収集し,形態的・生態的な特徴およびDNAの塩基配列の情報をもとに,その系統や分布,生態的な特性を明らかにするための研究を進めています。きのこの標本を収集し,その特徴を明らかにするためには,野外での調査が欠かせません。このため,当研究室では国内外のさまざまな地域に出かけ,フィールドワークを行っています。また,野外で採集した試料を実験室に持ち帰って,形態観察を行うほか,分子系統解析なども実施しています。


めにゅう

メンバー (教員の詳細情報と研究室配属学生の紹介) 

授業と実習 (糟谷担当の授業と実習に関する情報) 

研究活動 (研究テーマの概要や研究業績の紹介)

教育普及活動 (地域との連携による教育普及活動の紹介) 


千葉科学大学のそばにある,渡海神社(千葉県銚子市)のタブノキ林(2013.3.23撮影)


このサイトは糟谷大河が個人的に作成し,研究内容や教育活動等に関する情報を発信しています。このサイトに関する責任はすべて糟谷にあり,所属機関は内容について一切関知していません。本サイトに対するご質問やご意見等は,糟谷個人までお知らせください。また,当サイトに掲載されている情報によって発生した,もしくは発生したと推測されるトラブルや損失,損害等に対しては一切の責任を負いませんので,ご了承ください。

〒288-0025 千葉県銚子市潮見町3番地 千葉科学大学 危機管理学部 環境危機管理学科 糟谷大河(E-mail: tkasuyaアットマークcis.ac.jp #アットマークを@に変えてください)

Copyright (C) by Taiga Kasuya, Faculty of Risk and Crisis Management, Chiba Institute of Science. All rights reserved.

2013.5.6 T. Kasuya